2×4(ツーバイフォー)工法の魅力。

ツーバイフォー?在来?結局どっちがいいの??


ほとんどが在来工法の中なぜ2×4工法なの?


2×4工法は高気密高断熱、耐震性に優れている、火災保険が安く抑えられる(防火性に

優れている)、耐風性に優れている、防音性に優れているなどといった沢山のメリットがあ

ります。

在来工法は一般的な工法ですのでどこの工務店でも施工できますが、2×4工法で施工でき

る業者は数少ないのが現状です。まずは、それぞれの工法から説明していきます。


在来工法とは?

在来工法とは、 日本に古くからある工法をベースにし、馴染みのある伝統的な工法を簡略化、発展させたものです。現在日本にあるほとんどのお家がこの工法で建てられています。



具体的には、家全体を柱や梁で支える工法で、間取りを自由にカスタマイズしやすく、将来リフォームする事も可能です。

分かりやすくイメージするならば点と点を線で繋いでいくような工法です。

また、在来工法は日本の昔ながらの建築の基本ですので施工をできる業者も多いです。


在来工法のメリットを紹介します。


1.増築、リフォームがしやすい

間取りを自由に作りやすいので増築やリフォームも同じく自由に変えることができます。

住むにつれて家族構成が変わる中で状況に合わせてお家も変化させる事が可能です。


2.施工できる業者さんが多い

日本に古くから伝わる馴染みのある工法ですので、施工できる業者さんが多いです。

それに伴い様々な工務店で選択の幅も増え、選ぶ事ができます。


3.コストを抑えられる

材料が安い為木造建築の中では、比較的コストが抑えやすいです。


この工法のデメリットがコチラ。


1.気密性、断熱性が確保しにくい

気密性、断熱性が低いと夏には暑く、冬には寒くなります。

そうするとエアコンなどの光熱費も増えます。

ある程度断熱性は確保させる事は出来ますが、その分コストがかかってしまいます。


2.耐熱性、耐火性、耐震性が確保しにくい。

上記の耐性が低い為、保険が高くなり、ランニングコストがかかります。

こちらも、工夫次第で性能を高める事は出来ますが、その分コストがかかります。


3.防音性が低い

防音性が低い為、外部からの騒音が聞こえてしまいます。


2×4(ツーバイフォー)工法とは?

2×4(ツーバイフォー)工法とは19世紀に北米で生まれ、その後アメリカ全土に普及した工法です。

耐力壁と剛床を強固に一体化させた箱のような構造で フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)を6面体で支えます。

その為、高い耐震性・耐火性・耐風性、断熱性・気密性・防音性をもっています。


分かりやすくイメージするならば、木の板で四角の箱を作っていくような工法です。

それではこちらのメリットデメリットを紹介していきます。


2×4工法のメリット


1.高気密高断熱である

漏気を減らし省エネと快適性を向上させ、断熱性能の低下を防止する事により光熱費などのランニングコストを安く抑える事が出来ます。


クオーレの標準仕様である吹付断熱と合わさればまさに鬼に金棒の断熱仕様!

夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごす事ができます。


さらに、全館換気システムを組み込む事により光熱費のランニングコストを安く抑え、空気がこもったり、カビを防止させるだけでなく、臭い、ほこり、花粉、PM2.5などを防ぎ、常に新鮮な空気が効率よく循環させる事ができます。


2.火災保険が安く抑えられる


耐火性、防火性、耐震性、耐風性に優れている為、火災保険の料金が在来工法に比べると50%ほど安くなります。保険料が半額に近いというメリットは大きいです。当然災害に強いというのが最大のメリットであり、耐震性でいえば阪神淡路大震災で2×4(ツーバイフォー)工法の多くの家は倒壊を免れたことで話題になりました。


3.防音性に優れている

気密性が高い為、外の音がほとんど聞こえません 。

車や道路工事の騒音、近隣からの生活音など気にせず快適に過ごす事ができます。


2×4工法のデメリット


1.コストが少しかかる

在来工法に比べコストが少し高くなります。

ですが、高気密高断熱な為、光熱費をカット出来たり、保険も安くなる為2×4(ツーバイフォー)工法のほうが長い目を見ればお得とも言えます。


2.リフォームがしにくい

在来工法に比べると面で組み立てている為、 壁を壊してリビングを広くするなど間取りを変えるといった事はしにくいです。



スタイルや予算に合わせた工法を。


在来工法と2×4工法を比較し、2×4の魅力をご紹介してきましたが、アトリエクオーレでは在来工法で建てたお家もたくさんあります。在来工法のデメリットである高気密高断熱や防音性は弊社の標準仕様である発泡断熱や断熱性の高いサッシを選ぶ事ででかなりカバー出来たり、家の間取りやデザインによっては在来工法の方が都合がいい場合もあるからです。いずれにせよ、お客様の希望するデザインや資金プランに合わせた工法をご提案いたします。どちらの工法も使えるというのがアトリエクオーレの工法面において最大のメリットとも言えます。

  • Instagram

INSTAGRAM

​PICK UP GALLERY

​Instagramでオープンハウスやイベント情報を更新中!

14_R.jpg

Instagram @tokuratetsuya

​ORIGINAL

​PANNING

Follow Us

代表 土倉哲也のインスタアカウントで

​多数の手書きパースを公開中!

クオーレの家づくりで活躍する、コンクリート風特殊塗装モールテックス。