昼と夜で顔を変える、クオーレストーン仕上げ。

オリジナルのクオーレストーンを外壁すべてに施工した贅沢仕様。


ストーンの凹凸がライティングで際立つ。


こちらのお家はなんと外壁全面にクオーレストーンを施工。切妻の屋根で組んだデザインと合わさりヨーロッパ調のデザイン住宅に仕上がりました。夜になるとライティングによりストーンの凹凸が際立ち、一層の高級感を演出。格子付きの窓とパインシャッターでディティールも抜かりなく。外構、駐車場スペースもすべてベージュ系のタイルで仕上げることで、この一角だけ遥か遠いヨーロッパの田舎にある古民家のような世界観に仕上がりました。



邸内もとことんこだわったアンティークフレンチ風な仕様に。ベースの壁はすべて漆喰で塗り上げ全体的にワックスをかけ汚し加工を施しています。テレビ背面のメインとなる壁にはスライスレンガを一面に取付、その上から漆喰、汚しワックスをかけることで起伏のある独特の雰囲気に。階段下は石張り風な特殊素材を使用し、全体を通してハンドメイド感のあるアンティークフレンチな仕上がりに。

  • Instagram

INSTAGRAM

​PICK UP GALLERY

​Instagramでオープンハウスやイベント情報を更新中!

14_R.jpg

Instagram @tokuratetsuya

​ORIGINAL

​PANNING

Follow Us

代表 土倉哲也のインスタアカウントで

​多数の手書きパースを公開中!

クオーレの家づくりで活躍する、コンクリート風特殊塗装モールテックス。