検索
  • アトリエクオーレ

お家を建てるのはハウスメーカーと工務店どっちが良いのか。 違いをお教えします!


ハウスメーカーとは

全国に営業する拠点やモデルハウスを置き、CMといった広告宣伝により知名度があります。


規格化されたラインナップの中から間取りパターンや標準仕様の設備の中選びます。

また、自由設計型もありますが、間取りは一定のパターンに変更できますが、キッチン、浴槽などの設備や内装、外壁材は標準のバリエーションから選ぶようになり、一定の範囲内でお家をカスタムして作っていきます。


このように、仕様がシステム化されている為工期が短いです。


品質は建築部材を工場で生産する割合が高い為、一定です。


間取りの自由度は低い。


これは、用意された間取りや設備ではないものを導入すると、不具合が起こってしまった際に原因が分かりにくく、保証やメンテナンスが難しくなる為、プランに制約がでて制限されてしまうからです。





工務店とは

各工務店により、様々なスタイルブランドを持ち、拠点を置いている県、市、町を中心に限られた範囲で営業を行う地域密着型で施工を行います。


地域密着型ですので、何かあった際にはすぐに駆けつけてくれるところが多い。


柔軟性があり、間取りや外観デザインなどお客様の要望を聞きながら、細かいところにこだわりゼロからオンリーワンハウスを作り上げていく。


このようにシステム化されたハウスメーカーと違い仕様やプランに制限がなく自由度は高い。


モデルハウスや広告宣伝費をかけていない工務店が多い為、限られた予算(2000万円~3000万円)の中でこだわりを活かしたデザインで高品質な自分だけのオンリーワンハウスを作ったとしてもコストを抑えることができます。


コストパフォーマンスも高く、融通が効くのが工務店の魅力でもあります。



ただし、各工務店により職人さんの精度や品質、保証にばらつきがある為、良く調べる必要があります。


自社のように各工程で専門の決まった職人さんに施工をしてもらうと品質は保たれます。


また、こだわりのお家を作る為、工期が半年ほどかかります。


住宅を見学できる場合もあるので、見学をさせてもらい自分の目で性能やデザインを確かめてからが良いかと思います。




ハウスメーカーと工務店の違い(表)



ハウスメーカーと工務店の違い(まとめ)

ハウスメーカーが全国で営業拠点を置いているのに比べて工務店は地域密着型で、営業拠点を置く県内、市、町と限られた範囲での施工になります。


プランの自由度においては、バリエーションは用意されているもののプランや設備には制約があり制限されているのがハウスメーカーですが、工務店では希望のプラン、設備、内装、間取り、外観など制限がない為、自由度が高くイメージを実現しやすいのが工務店です。


施工の精度においては、ハウスメーカーだと建築材を工場で生産する為、均一な品質ですが、対して工務店では各工務店によって左右されますが、高品質の割合が高いです。


施工期間においては、ハウスメーカーだと全体の流れがシステム化されている為3.5ヶ月~4.5ヶ月ほどですが、工務店では細部にまでこだわったお家ですので5か月~6ヶ月ほどかかってしまいます


ハウスメーカーではモデルハウスやCMといった広告宣伝費があるのに対して工務店では見学などはできるが広告宣伝費をかけていない場合が多く、コストを削減できます


工期短縮や均一な品質を選ぶならば、ハウスメーカーがいいでしょう。


工期は少しかかるが、こだわり抜いた自分だけのオンリーワンハウスを建てたい方には工務店がいいでしょう。


工務店に決めた方は、各工務店により様々ですので、完成見学会などで実際に自分の目で見て、性能を体感したりとしっかり確かめる事をおすすめ致します。





0回の閲覧

株式会社アトリエクオーレ

倉敷市中央1丁目-9-4 TEL.086-435-5038 MAIL info@a-cuore.co.jp